妊活中 お酒

妊活って長引くこともあると思いますが、お酒ってずっと飲んではいけないのでしょうか?妊活中のお酒事情について解説しています。
MENU

妊活中はずっとお酒は控えるべき?みんなどうしてる?

お酒が好きな女性も多くなり、今や女性でもお酒を楽しめる時代となりました。嬉しいものですね。

 

その裏では、妊活にお酒はダメなのではないか…との懸念もあると思いますが、妊活中のアルコール摂取においては特に気にする事は無い、と言われています。

 

もちろん妊娠中のアルコールはNGではありますが、基本的にお酒は飲み過ぎなければ健康に良いとの結果もありますので、適量を楽しむ程度であれば問題はないそうです。ただし、毎日泥酔する程飲んでしまう方は、多少の制限は必要だと思いますが…。

 

妊活において、一番いけない事は「セックスレス」と「ストレス」です。

 

良く聞くのが「旦那の両親との同居を解消したらすぐに妊娠する事が出来た」という話ですが、これは同居によって感じていたストレスが解消された事により、妊娠しやすい体質になった、という事が言えますね。それ程ストレスは体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

お酒を我慢する事によってストレスを感じてしまうのであれば、いっその事適量を楽しんで上手にストレス発散をしよう!というのが正しい妊活中のお酒との付き合い方です。

 

むやみに「○○はダメ」「○○もダメ!」と、ダメダメダメダメ…「ダメ」ばかりを繰り返していたら、ストレスを感じませんか?

 

お酒は人間関係を円滑にする効果もありますので、夫婦でお酒を楽しむ時間を作れば、セックスレスにもなりにくくなる事もあるんですよ。

 

お酒の一日の適量はビールで換算すると500ml缶1本が目安です。この量を守って楽しく飲む様にすれば、血行も促進されて冷えも改善する事が出来ます。ストレスも解消する事も出来ますので、上手にお酒と付き合っていくのも大切だと言えるでしょう。

 

我慢のし過ぎは妊活においてはNGですので、ほどほどに楽しむようにすれば問題ありませんよ。

このページの先頭へ