妊活 病院 チェック

妊活で病院に行くこともあると思いますが、できる限り効果を高めるために事前にチェックしておいた方がいいことがあります。
MENU

妊活で病院にいく前に|まずはコレをチェックしよう

妊活しているのに中々赤ちゃんが出来ない…とお悩みの方へ、あなたはどんな「妊活」していますか?

 

病院へ行って、不妊治療を受けるのは簡単ですが、女性には特に負担となる検査も多いのです。出来るならば、自然妊娠で赤ちゃんを授かりたいですよね。

 

妊娠しやすい体にする為、自然に赤ちゃんを授かる為に、病院へ行く前にまずは「コレ」をチェックしましょう!

 

卵子の状態は?ホルモンバランスをチェック!

元気で質の良い卵子を排卵していれば、妊娠の確率も自然とくなるものです。元気が無く質が悪い卵子だと、受精しても着床せずに流れてしまったり、着床しても上手く育たなかったり…様々なトラブルを抱えてしまいます。

 

元気な卵子の排卵のキーポイントはズバリ「ホルモンバランス」です。

 

ホルモンバランスが安定していれば、元気な卵子を排卵する事が出来ますが、乱れてしまうと質の悪い卵子ばかりが排卵されてしまったり、無排卵だったりする事も多いのです。

 

・生理不順だ
・食生活や生活習慣が乱れている実感がある
・ストレスが多い生活だ
・毎月の生理の出血量や日数がバラバラ

 

少なくとも、以上に当てはまる方はホルモンバランスの乱れが心配されます。ホルモンバランスが乱れると、冷えやすい、イライラしがち、肩凝りや腰痛に悩まされる、肌荒れなどの諸症状が現れます。

 

ホルモンバランスを正常にするには?

ホルモンバランスを正常にするには、規則正しい食生活と生活習慣、適度な運動などが効果的です。

 

ストレスも良くありませんので、「赤ちゃんが出来ない」と思い詰めるのも良くないのです。なるべくストレスを感じない様、趣味に没頭したり毎日を楽しむ工夫をすると良いですね。

 

また、ホルモンバランスの乱れにはサプリメントなども有効です。実は筆者は以前、ホルモンバランスの乱れに悩まされており、漢方のサプリメントを服用していました。そのすぐ後になかなか出来なかった三人目を授かる事も出来たので、サプリメントも活用していって欲しいと思います。

 

タイミング法はばっちり?正しいかチェック!

タイミング法(排卵日予測)で赤ちゃん待ちの方、その方法は本当に正しいですか?

 

正確な排卵日を割り出す場合、最低でも6ヶ月分の高温期・低温期のデータが必要です。その上で「生理周期が乱れていない」のが条件であり、生理不順の方は自然と排卵日の予測が難しくなってしまうのです。

 

生理周期が乱れている方は、タイミング法でおおまかな排卵日予測を出した後、排卵予測検査薬を使うと、より正確な排卵日を知る事が出来ます。

 

タイミング法と排卵予測検査薬を併用する事で、より効果的に妊活を成功させる事が出来るのです。

 

このページの先頭へ