妊娠前 ダイエット 効果的

妊娠を希望しているとき、妊娠前にダイエットをすることは効果があるのでしょうか?それともあまりよくないことなのでしょうか?
MENU

妊娠前のダイエットは効果的なの?

過度なダイエットは妊活には良くありませんが、適度な運動や体重管理は妊活成功の一つのポイントです。ダイエットのポイントを押さえる事で、ダイエットも妊活にとって効果的になるのです。

 

「体重を減らす」という事を目的としたダイエットは良くありません。なので、まずは自分の肥満度を調べましょう。

 

肥満度が低い場合にはその維持を目的とし、肥満気味の場合は適正体重になる様に、食事や日常生活をコントロールしていくダイエットが最も健康で効果的であるのです。

 

なぜ妊活にダイエットが効果的なのか?

太り過ぎは健康に悪い…という事は、誰もが知っている事ですよね。同じく、妊活にとっても「太り過ぎ」は禁物なんです。

 

太っているという状態は、血中のコルステロール値などが上がり、体全体の代謝が落ちてしまっている状態です。

 

太る原因には運動不足や食べ過ぎなど…色々な要因がありますが、運動不足でも食べ過ぎであっても、摂取したエネルギーを効率よく燃費出来ない為に太っていくのです。

 

エネルギーを効率よく燃費出来ない=代謝が低い、という事になり、自覚は無くとも体は「冷え」の状態になっているのです。

 

妊活に「冷え」は大敵です!ですから、適度な運動と適切な食事管理を行う事で代謝を上げ、冷え体質を改善する事が妊活成功にも繋がるのです。

 

ダイエットと言っても、無理はしない

まずは自分が肥満体質なのかそうでないのかを知りましょう。

 

一般的に、「身長-110」が自分の適切な体重だ、との見解があります。その他にも計算式はありますが、一番簡単に割り出しやすいのは、上記の計算式でしょう。

 

基本的に、適正体重よりも+2〜3キロの範囲であれば、肥満度は「普通」レベルだと言えます。過度なダイエットは必要ありませんので、体を冷やさない為の敵的な運動と、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

適正体重よりも体重が少ない場合、痩せすぎの可能性もあります。ですが、痩せていても運動不足になると「冷え」体質になっている可能性もあるので、適度な運動は大切ですよ。ただ、体重を減らす必要はありませんので、過度な運動や食事制限は必要ありません。痩せすぎも妊活には大敵なのです。

 

また、適正体重よりも+5キロ以上の場合は、食生活の乱れや日常的な運動不足が考えられますので、適切な食事管理や運動管理が必要となってきます。

 

まずは自分の適正体重を知り、それに合わせたダイエットを行いましょう!

このページの先頭へ